一項目5分位のひまつぶしの学習で、英語の基本をマスターできるサイトを目指しています。各記事に「いいね!」して頂けますと励みになります (*^∇^*)☆・゚:*

auxiliary_verb_will

【助動詞】

【助動詞】will の意味

2020年5月21日

皆さんご存知の「will」を学習します。

「will」の意味の基本である

予測を表す「will」(~だろう

意志を表す「will」(~するよ

この2つからしっかり学習していきましょう!

予測を表す「will」(~だろう)

「will」という言葉は、元々「意志」的な強さがあり、予測を表す「will」は「~だろう」といっても、あいまいな「~だろう」ではなく、話し手には「確信」的なきもちがあります。

だから「~だろう」と訳されますが、そこにはある程度、自信を伴った予測の「~だろう」ということをしっかりと理解して、自分が表現する時もその感覚で使えるようにしましょう。

You will get better soon. 
すぐに良くなるだろう。(良くなるよ)

It will rain tomorrow. 
明日、雨降るだろう。(降るんじゃない)

The plane will arrive at Marita airport in an hour. 
飛行機はあと1時間で成田空港に着くだろう。(着くよ)

② 意志を表す「will」(~するよ)

「will」には、「意志」的な強さがあると説明しましたね。だから私「I」が主語になると、そのまま「~するよ」というきもちを表現することができます。

この「will」には、その場の瞬間に決めて「~するよ」という感覚があって、元々そうするように決まっていた「be going to」とは感覚が異なります。

It's too hot. - Ok!  I'll turn on the air conditioner. 
熱いなあ。← オッケー、エアコン入れるよ。

I'm thirsty. - Then I'll go buy some ice cream. 
のど乾いた。← じゃ、アイス買いに行ってくるよ。

Break up with Keiko. - No, I WILL marry her ! 
ケイコと別れろ。←  いやだ!絶対結婚するぅ!

③ 法則習慣を表す「will」(~するものだ)

物事がいつもいつも頻繁に同じことが起こってくると、「あ~まただ」とか「普通だったらこうなるものなのに」と思ってしまうものです。

同じ場面に出くわしたとき、そのいつものことを想定、予測しながら、「そういうもんだ」とか「よく~するのよ」と言いたくなりますよね。
そのきもちを「will」を使って表す場合もあります。

A true friend will help you. 
本当の友達なら助けてくれるものだよ。

My baby will fiddle with toys and forget to drink some milk. 
私の赤ちゃんはおもちゃをいじって、牛乳を飲むのを忘れます。

 

どうでしたか?

「will」の意味の基本は3つ。しっかりと理解して自分のものにしてしまいましょう!

 

⇒ 【助動詞】can の意味

 

+1
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

-【助動詞】
-,

© 2021 英語デポ【English Depot】