一項目5分位のひまつぶしの学習で、英語の基本をマスターできるサイトを目指しています。各記事に「いいね!」して頂けますと励みになります (*^∇^*)☆・゚:*

comparison-deterniner-as-as

【比較】

【同等比較】③ 限定詞 + as...as~「ほぼ、ピッタリなどの表し方」(基本の as...as~からの応用)

2020年5月14日

前回の学習 比較② not as...as~ では

as...as~ の前に not をつけて

「~ ほど . . . ではない」

ということを表現できることを学びました。

今回の学習では、

同じく as...as~ の前に言葉(限定詞といいます)を添えて、

比較してみた場合の度合いや程度

すなわち「ほぼ同じ」なのか

「ピッタリなのか」または

「何倍も違うのか」を表す学習をします。

as...as~ を使って「ピッタリ」同じですといえますか?

そうです。

as...as~ の前に just をつけるだけなんです。

このように as...as~ の前にいろんな言葉を添えて、

度合いや程度の表現を学んでいきましょう。

今回も前回の例文を参考にしながら進んでいきますよ。

例文

・彼女はミチコほど頭がよさが全く同じです
She is just as smart as Miss Michiko.

・彼女はジョンより3倍の年齢です
She is three times as old as John.

・彼は鈴木さんは背の高さがほとんど同じです
He is almost as tall as Mr.Suzuki.

・私の体重はキミの半分です
I'm half as heavy as you.

どうですか?簡単でしたよね。

何度も何度も口に出してスラスラといえるようにしてくださいね。

さらに

上の例文の She is three times as old as John. にある何倍という表現
その他の倍数表現も覚えておきましょう!

once     1倍

twice    2倍

seven times      7倍
3倍以上   数字+ times

a hundred times
または
one hundred times    100倍

また

3回とか5回とか

回数を表現する場合も同じになりますよ。

+1
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

-【比較】
-,

© 2021 英語デポ【English Depot】