一項目5分位のひまつぶしの学習で、英語の基本をマスターできるサイトを目指しています。各記事に「いいね!」して頂けますと励みになります (*^∇^*)☆・゚:*

【英熟語】

「by all means」の意味と使い方

今回の学習は5分間で、学校で習った「by all means」をやりましょう!

結構、意味や使い方を誤っている方もいるかと思いますのでここでしっかりと見につけましょう。

「by all means」の基本的な意味

解説

「by all means」を学校では「ぜひ、必ず、どうしても」の意味で習ったかと思います。私もそうでした。

しかし、後で分かったことは、ネイティブの人はその意味で使うことはほとんどない!ということでした。

「mean」が動詞の意味では「~を意味する」だけど、複数「means」になると「手段・方法」の意味になると習いました。

だから、「by all means」は字義通り「すべての手段を使ってでも」⇒「ぜひ、必ず、どうしても」になる、なるほど、なるほどと当時は思ったものでした。

しかし、「by all means」の本当の意味は、

誰かが何かをしようとした時、または何かをしたいと申し出た時に

「全然オッケーですよ!」と承諾を与える表現なのです。

例文でいえばこんな感じです。

例文

Can I use your cell phone?
携帯借りてもいい?

Yes, by all means.
どうぞ、どうぞ

※ Can I ~ ?  ~してもいい?  Yes は無くても可。

もっと、くだけた表現で Of course.  とか  Sure. を使っても構いません。

「by all means」のその他の使い方

「by all means」の基本的な意味は「全然オッケー」だと説明しました。

この基本的意味から派生?して「遠慮なく~していいよ」の意味で使うこともできます。

例文

Do by all means take some photos if you want to.
写真撮りたいなら遠慮なくどうぞ

「by all means」のまちがった用法

学校で習った「ぜひ、必ず、どうしても」を使った例文で

例文

「必ず、東大に入るぞ!」を

I will get into Tokyo University by all means. とか

「絶対、9時には戻るから」を

I will come back by 9 by all means. と言うことはできません。

「by all means」まとめ

「by all means」の基本的な意味は「どうぞ、どうぞ」なので、学校で習った使い方はやめましょう!

+2
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

-【英熟語】
-,

© 2021 英語デポ【English Depot】