一項目5分位のひまつぶしの学習で、英語の基本をマスターできるサイトを目指しています。各記事に「いいね!」して頂けますと励みになります (*^∇^*)☆・゚:*

determiner-any

【名詞】

【限定詞】any ① 肯定文・疑問文「何でも・どれでも・誰でも」

2020年5月17日

今回は any の使い方を学びましょう!

中学校の時に some

肯定文で

「いくつかの 」とか「いく人かの」

の意味があり、否定文と疑問文で

any を使うと最初に習った記憶があります。

これらの説明が合っているか、

合っていないかは、今はさておき

今回は

限定的な役割を果たす any の使い方

を学習します。

「何でもいいんだけど」・「誰でもいいんだけど」の any

any には

「何でもいいんだけど」「誰でもいいんだけど」

といった意味合いでモノや人を限定する役割があります。

たとえば

郵便屋さんが家に訪ねて来て

「(誰でもいいんだけど)だれかいる?」は

Anybody home?

マジシャンが観客の一人に向かって

「一枚(なんでもいいから)カードを引いて下さい」は

Choose any card, please.

ほら、

body の前にも、card のまえにも

any がついて

「誰でも、何でもいいよ」

という意味合いをつけています。

any のこの意味合いをつけた表現を

たくさん経験して

自分のモノにしてくださいね。

例文

■肯定文からいきます

・誰かいる?
Anybody home?

・カードを一枚引いて
Choose any card.

・私はほかのどんな生徒よりも背が高い
I'm taller than any other students.

■疑問文もオーケーです

・ペン持ってる?(ペンなら何でも)
Do you have any pen?

・質問ある?(何でも受けつけるよ)
Any question?

※any は「いくつかの」だから複数形では?

と考えてはいけません!

上の例文では

「いくつかの」の意味ではなく

「何でもいいんだけど」「誰でもいいんだけど」

の意味合いです。

だから、その意味合いでは

単数形になったり、複数形になったりもするよ

まとめ

・any には「何でもいいんだけど」「誰でもいいんだけど」の意味合いがある

・肯定文でも疑問文でも、その意味合いならば使うことができる

 

+1
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ

-【名詞】
-, ,

© 2021 英語デポ【English Depot】